自計化支援

会計事務所の関与形態には記帳代行型と自計化型の2パターンあります。

記帳代行とは?自計化とは?

      「記帳代行」とは、

領収書や請求書等の記帳業務、会計ソフトへの仕訳入力を代行するサービスのことを言います。必要な書類を記帳代行業者へお預けいただき、代行業者から、記帳・仕訳入力が行われた計算結果(試算表等)の報告を受ける形態のことをいいます。     

記帳代行とは

  「自計化」とは、

領収書や請求書等の伝票の整理から記帳業務、会計ソフトへの仕訳入力といった経理事務を企業様自身で行っていただく形態のことを言います。


記帳代行とは

記帳代行の方が簡単では?

結論を申し上げますと、企業様にとって記帳代行の方が楽です。記帳代行は必要な書類を代行業者に預けるだけで業務が完了します。したがって、業務量のみで見ると楽です。

記帳代行の方が簡単では?

それに対して、自計化は、記帳業務、会計ソフトの仕訳入力等を企業様自身で行っていただくため、その分時間と労力を費やすことになります。
しかし、当事務所は、自計化を推進しております。

なぜか?
記帳代行の方が簡単では?

自計化のメリット

1)リアルタイムに経営状態を把握できる

企業様の中には、試算表等財務数値の重要性は理解しているものの、全て会計事務所任せにしている方々も多いと思います。しかし、会社において、お金の流れは血液の流れのようなものですので、企業様自身でしっかりと把握してもらう必要があると思います。
出血した場合、どの箇所を、どのタイミングで、どういう原因で、出血したのかご自身で分からない状況を作らないために…

リアルタイムに経営状態を把握できる


自計化においては、毎月リアルアイムで経理の流れを追うことができ、最新の経営状態を常に把握することができます。経営者様におかれては、経営判断の重要な根拠として、自社の財務数値を利用することが可能です。


2)会計事務所はより専門的なアドバイス業務に集中できる

会計事務所として、企業様に財務上や税務上のアドバイスをするには、記帳作業そのものよりも、出来上がった経理データを分析し、経営に活かす理論や手法を検討することが大切になります。企業様に自計化をお願いすれば、その分アドバイス業務に割ける時間が増え、付加価値の高い業務に集中することができます。

会計事務所はより専門的なアドバイス業務に集中できる


先を見通した経営を実践するためには、月次決算書や試算表等がタイムリー

作成できていなければなりません。その第一歩が『自計化』なのです。  

   

当事務所の自計化への取り組み

point1 専門知識がなくても大丈夫!


簿記や会計の専門的な知識がなくても、早ければ2~4ヵ月で、自計化の体制をしっかり整えて頂けます。当事務所が利用している会計ソフトでは、入力作業等の効率化(例:Fintech)・入力サポート(例:TKCシステムまいサポート)も充実しております。

point2 作業効率のサポート!


従来の記帳の内容や経理処理を確認し、より正確で迅速な記帳の仕方や作業の流れづくりをサポートします。経理担当者の作業負担の軽減が図れます。

point3 タイムリーな経営判断が可能!


会社の経営者が自計化で分かる数字を把握すれば、ドンブリ勘定や行き当たりバッタリの考えがなくなり、先を見通した理想の会社経営ができるようになります。