トップページ>事務所の強み>経営改善計画策定支援

経営改善計画策定支援

経営改善計画策定支援とは、自ら経営改善計画等を策定することが難しい企業を対象として、税理士等の専門家(認定支援機関)が、経営改善計画などの策定支援を行うことによって、企業の経営改善を促進する国の事業です。

具体的には?
経営改善計画策定支援とは

このような状況を打開するために「税理士法人リアライズ」にご相談下さい

今なら、経営改善計画策定支援に要する費用の総額について、国が3分の2(上限200万円)を負担する制度を利用できます。 当事務所は、この制度を利用しての経営改善のノウハウ・実績が全国トップレベルですので、安心してお任せ下さい。


- 最大ポイント 


1.経営改善計画を策定し、審査に通ると金融機関からの各種の金融支援(借入条件変更・借換・借入金一本化・新規融資等)を受けられます。
2.国から経営改善計画策定支援に要する費用の2/3の補助金(上限200万円)が受けられます。


経営改善のスキーム

経営改善のスキーム

当事務所の強みとして

一口に経営改善といっても、企業様によって改善方法は千差万別であります。
それらの違いに対応するには、残念ながら我々会計事務所の力だけでは困難であります。
しかし、その点につき、当事務所は、他士業との連携を密にしているため、大抵の問題に対応することが可能であります。実際に岡山県下では、最多の実績を誇っております。

当事務所実績:36件(平成30年3月31日現在)


早期経営改善計画の策定支援

経営改善計画の策定支援とは別に、平成29年5月29日より早期経営改善計画の策定支援が始まりました。
早期経営改善計画策定支援とは、資金繰り管理や採算管理など基本的な経営改善計画を作成し、早期の経営改善に取り組みたい企業を支援する国の事業です。税理士等の専門家(認定支援機関)が、経営改善計画の作成を支援し、計画策定から1年間フォローアップします。

▶早期経営改善計画についてはこちら

弊社実績:26件(平成30年3月31日現在)


このような経営者様におすすめです

このような経営者様におすすめです



- 最大ポイント 


1.自己の経営の見直しにより経営課題を発見・分析できます。
2.計画書に基づき、事業の将来像を金融機関が確認できるようになります。
3.国から経営改善計画策定支援に要する費用の2/3の補助金(上限200万円)が受けられます。